MENU CLOSE

コープの商品

厳格な検査基準を設定

微生物検査

お届けする商品が衛生的に作られているかどうかを確かめる検査です。加熱せず生で食べる食品や、過去に食中毒事例があった食品群などを中心に検査します。

主な検査対象 惣菜、魚介類、冷凍食品、ハム・ウインナー、生めん、ゆでめん、豆腐、調理パン、漬物類、牛乳、乳製品、菓子類など
検査項目 一般生菌数、大腸菌群、大腸菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、クロストリジウム属菌など

微生物検査の様子

微生物検査の様子

残留農薬検査

農産物や加工商品の原料について、産地の農薬使用が適切に行われているかを確認します。

主な検査対象 野菜、果物、米、冷凍食品など
検査項目 殺菌剤、殺虫剤、除草剤など約200種~350種。

残留農薬検査の様子

残留農薬検査の様子

食品添加物検査

お届けする商品の食品添加物の使用について、約束通りに製造されているかどうかを確認します。

主な検査対象 漬物、練り製品、ハム・ウインナー、菓子、魚卵、日配品など
検査項目 保存料、発色剤、着色料

食品添加物検査の様子

食品添加物検査の様子

アレルゲン検査

原料の誤使用や製造中でのアレルゲン混入が無いかを確認します。

主な検査対象 アレルゲン不使用の強調表示のある商品
検査項目 卵、乳、小麦(そば、落花生、えび・かにも可能)

アレルゲン検査の様子

アレルゲン検査の様子

その他の検査内容

魚介類のヒスタミン、加工食品の食塩相当量、お米の重金属検査、原料大豆などの遺伝子組み換え作物の検査、畜産品や水産品の動物用医薬品検査、放射性物質検査などを実施しています。
またお申し出品については、食中毒菌や異臭物質など、個々の内容に合わせて検査項目を設定します。