MENU CLOSE

行動規範

行動規範

1.会員生協とその組合員に対する行動規範

会員生協とその組合員の立場を最優先に考えます。法令とその精神を守り、会員生協の定める倫理規程・自主行動基準を踏まえて、会員生協とその組合員のくらしと事業経営をサポートし、貢献する事業をすすめます。私たちの行動・判断が会員生協とその組合員の信頼を得られるものかどうかを常に自ら問い直し、責任ある対応をとります。

  1. 品質基準の遵守

    私たちは、環境に配慮した誠実な商品づくりを行い、商品の安全品質基準を遵守した質の高い商品・サービスを提供しつづけることができるようにします。

  2. 適切な個人情報管理と守秘義務の徹底

    私たちは、業務上得られた個人情報が漏洩しないよう法令に基づいた管理をします。

  3. 適切・正確な情報表示と説明

    私たちは、事業活動において、法令遵守と利用者の立場の視点に立って、適正な情報表示・表現を行います。

  4. 会員生協とその組合員の声に対する適切な対応

    私たちは、いただいた組合員の声に対しては謙虚に耳を傾け、全力で実現に努めます。特に商品に関わる事故・トラブルが発生した場合には、組合員の安全を最優先で確保しつつ速やかに対応します。

  5. 会員生協への情報開示

    私たちは、会員生協へ、商品・サービス・情報など事業と財務に関わるすべての情報を開示します。

2.お取引先やその他の機関に対する行動規範

私たちの事業は、お取引先とその他の協力会社等大切なパートナーの協力のもとに成り立っています。すべてのお取引先、協力会社とその他団体に対して対等・公正かつ透明な取引関係を構築し、お互いの立場をよく理解し、誠実に事業を行います。また、すべてのお取引先に対して適切で公平な情報開示に努めます。

  1. 利害関係のあるお取引先の公正な選定

    私たちは、お取引先の選定にあたり、品質・サービス・価格・実績・信頼性・業界情報等を総合的に評価し判断します。特に法令の遵守、安全性と品質管理の徹底、情報公開を最重視します。

  2. 不公正な要求等の禁止

    私たちは、自己の立場を利用して、金品や接待を求める言動は行いません。お取引先との会食・懇談が必要な場合は、相談・報告し、指示を受けて対応します。また優越的地位の乱用にならないように心がけます。

  3. お取引先や他団体からの贈答等の禁止

    私たちは、たとえ直接の利害関係がなくても、お取引先や他団体等と健全かつ公正な関係を保てるようこころがけ、お取引先や他団体からの贈答やその他の便宜供与等を受けることはしません。

3.事業経営に対する行動規範

私たちは、事業活動と経営状況について常に正しい理解及び評価をもって行動するとともに、役職員一人ひとりが事業連合の顔であることの自覚と誇りをもって、事業活動の前進につとめます。

  1. 安定供給と適切なリスク管理

    私たちは、リスク管理のための内部管理体制を構築し運用します。危機管理の予防措置、被害の縮減措置をとり、事業復旧・継続対策と会員生協への支援活動等を円滑にすすめます。

  2. 正確な記録、適切な文書及び帳票の作成と保管

    私たちは、事業活動に関する情報を正確に記録に残します。外部より取得した文書及び帳票類は、適切に保管・廃棄を行います。

  3. 監査の重視

    私たちは、会員生協とその組合員の利益を守るために公平な視点から監事会監査、会計監査人監査、及び内部監査を計画的・組織的に実施します。

  4. 機密情報の管理

    私たちは、業務上知り得た機密情報については、その重要性に鑑み業務にのみ使用し、厳格に運用、管理します。

4.社会に対する行動規範

私たちは、法的責任を確実に果し、法令及びルールの遵守に努めます。また、事業活動に対する社会からの理解を得るようにします。

  1. 法令及び自主基準の遵守

    私たちは、国及び地方自治体が定める法令及び組織が決めた行動規範等の自主基準を遵守します。

  2. 社会に対する情報公開

    私たちは、お取引先、地域社会等のさまざまな関係者とのコミュニケーションを行い、疑惑・不信を招く事のなく正しく理解されるように、積極的な情報公開に努めます。

  3. 社会貢献・社会との調和

    私たちは、人権を尊重し、社会貢献活動に積極的に取り組みます。他人の権利・財産を尊重し、常に社会との調和に心がけます。安全運転の推進では社会の模範となるよう努力します。

5.よりよい組織風土をつくる行動規範

私たちは、お互いの人権と人格を尊重し、協力しあい、風通しの良い組織風土をつくっていきます。一人ひとりが個性と創造力と専門性をもって前向きな努力をすることにより、会員生協とその組合員に信頼される事業を継続していきます。

  1. 基本的人権の尊重と差別の禁止

    私たちは、雇用や処遇にあたって、基本的人権を尊重し、差別を行いません。

  2. セクシュアルハラスメントの禁止

    私たちは、働きやすい、働きがいのある健全な職場環境を維持するために、性的嫌がらせを容認しません。性差別がなく、能力と熱意が充分に発揮される職場をめざします。

  3. パワーハラスメントの禁止

    私たちは、相手に不快感を与えるような言動や嫌がらせ等の人権侵害行為を排除し、部下の人権や尊厳を踏みにじるような行為を容認しません。

  4. プライバシーの保護

    私たちは、一人ひとりのプライバシーを最大限に尊重し、不当に侵害しません。職務上知り得た個人情報及び役職員の個人情報については個人情報保護法に基づき厳密に運用管理します。

6.組織の一員としての行動規範

私たちは、有形無形の事業連合の財産を守り、常に組織の運営革新を念頭において誠実な行動に努めます。

  1. 知的財産の活用と機密守秘

    私たちは、知的財産を構築する努力をするとともに、内部機密を外部に漏洩しません。また退職後であっても在職中に知り得た機密情報は他人に語るようなことは行いません。

  2. 財産の保護

    私たちは、施設・資産、小さな備品及びソフトウエアーにいたるまで、事業連合の財産を守り、大切に扱い、私物化することは厳に慎みます。

  3. 公正な経理処理

    私たちは、旅費や交際費、労働時間、休暇等及び内部供給に関する報告を正確に行ないます。

  4. 内部ルールの遵守

    私たちは、組織の一員としての自覚と法令遵守の精神を持ち、行動規範、就業規則に定められた事項、諸規程・MSマニュアル等の内部規程に従って誠実に職務を遂行します。

女性活躍推進法施行に伴う
東海コープ事業連合の行動計画について

東海コープは、女性活躍推進法の趣旨を踏まえて、2016年から5年間における行動計画を策定し、労働局へ届け出を行いました。直接雇用しているパート職員、アルバイト職員を対象に、以下の目標に取り組みます。

  1. 計画期間 2016年4月1日~2021年3月31日までの5年間

  2. 雇用の状況(労働局届出内容、パート・アルバイトの合計) ・男性労働者29名 ・女性労働者471名

  3. 目標

    (1)年次有給休暇の取得促進に向け呼びかけします。

    (2)契約時間を超える勤務が発生することがありますので、現状を認識し業務改善活動等を通じて契約外労働の発生を改善します。契約外労働発生者数を2015年度比で10%削減いたします。