MENU CLOSE

コープの商品

商品政策

商品政策とは

東海コープの商品政策は、コープぎふ・コープあいち・コープみえ・東海コープのコープ商品の方向性を示したものであり、組合員へのお約束と、取引先への考え方の表明です。
コープの店舗や共同購入でお届けする商品が、家族の笑顔につながることをめざして、取引先と共に継続的な見直しを行います。

コープ商品とは

コープ岐阜

  • 食の安全への組合員の願いに応え、組合員の声からおいしさや楽しさを実現するために、特段にその役割を担い、社会的にも安心を感じていただける商品です。
  • くらしからの声(商品づくり、見直し改善、おすすめ、伝え合い)を大切に、組合員、取引先(生産者・製造者)、コープがコミュニケーションを深め、一緒に作り育てる商品です。
    4つの基準を満たし、かつ4つの価値に照らして、その全てを実現させた商品です。

4つの基準

  1. 品質基準

    関連法令はもちろんのこと、商品の「品質指針」「検査基準」など東海コープ独自の基準を充たしている必要があります。

  2. 表示基準

    関連法令はもちろんのこと、商品の内容と特徴を正確に伝え、組合員が商品を購入するとき・調理や食べるときに役立つための独自の表示基準やルールに従う必要があります。

  3. 委託製造者基準

    東海コープ事業連合(生協)が販売するコープ商品に対して、確かな品質と適切な表示を確保し販売者責任を果たすことが求められるため、商品製造を委託する製造者に認証システムの導入など基準を設けています。

  4. 企画運用基準

    コープ商品がめざすことと4つの価値に照らして、3生協全体の利用目標と、その毎年の利用結果から、東海コープCO・OP商品と自慢の商品について、商品評価を実施する基準を設けています。

4つの価値

  1. 組合員の願いが反映している商品、改善し続けられる商品

  2. 安全と健康、環境とくらしの向上に配慮してある商品

  3. 品質と価格のバランスがとれている商品。多くの組合員が購入しやすいように、品質や容量や製造方法などから「安さ実現」をめざす商品

  4. 組合員のくらし、生協の事業・経営に貢献できる商品

コープの商品ブランド

CO・OP商品

東海地域を含む全国の組合員と、コープ、生産者・製造者が一緒に開発した商品。原料や製法、品質管理、おいしさ、環境問題、社会的役割、価格にこだわり、スーパーなど他のお店では購入することができない商品です。CO・OP商品の利用を通して、組合員のくらしの願いを実現します。

栽培自慢

栽培自慢コープ

有機栽培や特別栽培をはじめ、東海コープ栽培基準を含む環境に配慮された栽培方法で、農場や生産者が特定でき、また生産者と交流ができる「顔の見える」農産物。
毎年、栽培計画や記録をもとに点検を行い、会員生協と東海コープのメンバーで構成する認証委員会の認証を受けた商品です。

はぐくみ自慢(畜産/水産)

はぐくみ自慢コープ

はぐくみ自慢コープ

畜産(水産)資源環境に配慮した生産方法や、生産にかかわる衛生管理環境対策など、生産者・加工業者のみなさんの努力のもと東海コープの基準、品質指針を満たし、生産者が特定でき、また生産者と交流ができる「顔の見える」畜産物(水産物)。
生産者・加工業者が品質指針・基準に基づき、自己チェックし、申請された商品を対象に、会員生協と東海コープのメンバーで構成する認証委員会の認証を受けた商品です。