検査内容

組合員の皆さんに安心して生協商品をご利用いただけるよう、
私たちは、科学的な手法を用いて商品の検査を行い、
より良い品質にしていくため発信しています。

各商品群ごと、次のような検査を行っています。より詳細にご覧になりたい方は検査項目をクリックしてください

肉・魚

微生物検査

動物用医療薬品検査

金属類の検査

ヒスタミン検査

放射性物質検査

野菜・果物

残留農薬検査

放射性物質検査

豆腐・練製品

微生物検査

食品添加物検査

遺伝子組換え検査

放射性物質検査

牛乳・卵

微生物検査

遺伝子組換え検査

動物用医療薬品検査

アレルゲン検査

卵の鮮度指標検査

放射性物質検査

惣菜・冷凍食品

微生物検査

残留農薬検査

放射性物質検査

1微生物検査

微生物検査

食中毒の原因となる大腸菌や黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌など、身近に潜む危険な微生物の量をチェックします。

詳細へ

2残留農薬検査

残留農薬検査

農産物や農産加工品に付着している残留農薬の値が、生協が定める基準値以下になっているかを確認します。

詳細へ

3食品添加物検査

食品添加物検査

生協で規制対象となっている保存料(ソルビン酸や安息香酸)や発色剤、合成着色料が使用されていないか調べます。

詳細へ

4遺伝子組換え検査

遺伝子組換え検査

遺伝子組換え原料不使用という表示のある食品について、その表示が本当に適正かどうか検査します。

詳細へ

5動物用医薬品検査

動物用医薬品検査

家畜や養殖魚を育てる過程で使用された抗生物質や合成抗菌剤が、食品中に残っていないかをチェックします。

詳細へ

6食品中の金属類の検査

食品中の金属類の検査

魚介類に含まれる水銀や玄米に含まれるカドミウムなど、量によっては人体に影響のある有害金属の値を調べます。

詳細へ

7ヒスタミン検査

ヒスタミン検査

魚類の保存状態によって生じ、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの量が適正範囲内か検査します。

詳細へ

8アレルゲン検査

アレルゲン検査

小麦、卵、乳、そば、落花生、エビ・カニなど、特定原材料に由来するたんぱく質の混入がないかを検査します。

詳細へ

9卵の鮮度指標検査

卵の鮮度指標検査

卵の重さや黄身の色、卵白の盛り上がり具合などを検査し、生協の基準に合った新鮮な卵かどうかを確認します。

詳細へ

10放射性物質検査

アレルゲン検査

食品に存在する、放射性物質を、ゲルマニウム半導体検出器を用いて精密に検査します。

詳細へ

関連ページ

生活協同組合連合会 東海コープ事業連合 名古屋市名東区猪高町上社字井堀25-1 TEL 052-703-1352

Copyright(c) TOKAI CO-OP All rights reserved.