おいしくって安全なお話2021年23号(「抗菌」「除菌」「抗ウイルス」とは?~殺菌とのちがいは?~

MENU CLOSE

閉じる

  • コープの商品
  • 食の安全

おいしくって安全なお話2021年23号(「抗菌」「除菌」「抗ウイルス」とは?~殺菌とのちがいは?~

23号_「抗菌」「除菌」「抗ウイルス」とは?~殺菌とのちがいは?.png

23号_「抗菌」「除菌」「抗ウイルス」とは?~殺菌とのちがいは?~.pdf

 手洗い石鹸、アルコール、マスク…色々な洗剤や衛生用品など雑貨品や、おもちゃなどの抗菌加工製品など、「抗菌」「抗ウイルス」「除菌」と謳った商品を目にすることが多くなりました。また、それらを選んで購入している方も多いと思います。では、それぞれの違いって、ご存じですか?

●微生物について
 『細菌』『カビ』『ウイルス』は、その一つ一つを人の目で見ることができないぐらいの小さな生物です。

・細菌・・・・・どこにでもいる身近な菌。大腸菌や黄色ぶどう球菌など、食中毒に関係する菌と、乳酸菌や納豆菌など人の生活に役立つ菌もいます。
・カビ・・・・・どこにでもいる身近な菌。こちらも有益なカビがあり、ブルーチーズのアオカビやみそとしょうゆなどのコウジカビなどが有名です。
・ウイルス・・・インフルエンザウイルス、ノロウイルス、新型コロナウイルスなどです。ウイルスは、細菌やカビと違い、自分で分裂して増えるのではなく、細胞に感染し近くの細胞へのコピーを繰り返しながら、細胞を破壊していきます。(厳密には生物ではありません)

●殺菌との違いは?
『殺菌』・・・・・細菌を「殺す」ことを目的としているため、医薬品・医薬部外品・医療機器に使える用語で、雑貨品では使用することができません。
『抗菌』・・・・・細菌を「増えにくくする」こと、衛生的に維持することを目的としています。
『除菌』・・・・・細菌を対象物から「取り除く」ことですが、全ての菌を取り除くという意味ではありません。
『抗ウイルス』・・ウイルスは製品の表面上では自身で増えることはできないため、「減少させる」ことを意味しています。
『抗菌・除菌・抗ウイルス』は、「増えにくくする」ことが重要で、清潔、衛生、快適にすることが目標となります。

 殺菌・抗菌・除菌・抗ウイルスの用語は細菌などに万能ではないことにご注意ください。食品などに発生してしまう細菌やカビを抑制するには、保管方法、保存温度も大切です。また、調理器具の適切な洗浄やしっかりと乾燥させることも、増殖を抑制できるということも覚えておきましょう。

東海コープ