MENU CLOSE

閉じる

  • コープの商品
  • 食の安全

おいしくって安全なお話2020年31号(水分補給のポイント~しっかり水分をとるとは~)

31号_水分補給のポイント~しっかり水分をとるとは~.png

31号_水分補給のポイント~しっかり水分をとるとは~.pdf

 今年も熱中症が心配な季節がやってきました。熱中症予防の一つとして、また脳梗塞や心筋梗塞などを予防するのにも、水分補給が重要です。
 では、しっかり水分をとるのには、どんな工夫が必要でしょうか?

●飲み水は、一日に約1.2Lが必要です
 人間の体の60%は水分でできています。体重60kgの大人の場合36Lほどになります。
 そのうちの2.5L分が、毎日、呼吸や汗、尿などにより排出されているため、この量を補う必要があります。
 2.5Lの水分のうち、食事から1.0L、代謝などにより体内でつくられる水で0.3L補給することできるので、飲み水からは残りの1.2Lを摂取する必要があります。
 日常的には飲み物の種類にこだわらず、こまめに補給することが大切ですが、多量のカフェインを含んでいるものやアルコールを含むものは、利尿作用で体内の水分を尿として外に出してしまうので、注意が必要です。
 水分摂取量は、多くの方が不足気味です。今すぐ脱水症状になる程の不足量ではありませんが、平均的にはコップの水をあと2杯(400ml程度)飲むと一日に必要な水の量を確保できます。

●水分を摂るタイミング
 のどが渇いた、と感じる前に水分をとるのが理想です。水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後や途中、入浴の前後、飲酒中またはその後には、意識して水分をとるようにしましょう。

●スポーツドリンクを上手に使いましょう
 スポーツドリンクは、体液に近い浸透圧で胃腸に負担をかけず、汗で失われた成分を吸収しやすいように工夫されています。様々なブランドのものが市販されており、低カロリーのものやアミノ酸を多く含んで疲労回復効果を期待したもの、飲みやすいように味や香りを工夫したものなどがあります。CO・OPのスポーツドリンクは、スッキリした口あたりが特徴です。
 水分補給のために常備しておきたいスポーツドリンク、ケースで買うときは宅配が便利です。ぜひ、商品案内からお好みのスポーツドリンクをご利用ください。

東海コープ