MENU CLOSE

閉じる

  • コープの商品
  • 食の安全

おいしくって安全なお話2018年34号(食品のおじゃま虫)

34号_食品のおじゃま虫.png

34号_食品のおじゃま虫.pdf

食品のおじゃま虫

食品に虫の混入のお申し出をいただくことがあります。これらの虫は家でも発生する場合がありますので、注意するポイントを覚えておきましょう。

ノシメマダラメイガ

屋内で普通に見られるガで、成虫は体長8㎜ほど。幼虫は10㎜で糸を吐き穀物の粒、米などをつづって、その覆いの中で食害します。

【注意】
 卵からかえった幼虫は噛む力が強く、包装を食い破って侵入し、中で繁殖することも多いです。

【予防】
 食品(特にお米)は長期保存せず、必要分を購入して早めに使いましょう。
長期保存する場合は密閉容器に保管します。お米は冷蔵保存すると安心です。

チョウバエ

外観が蝶のようなハエということでチョウバエと呼ばれています。体長1~4㎜で、人には害がありませ
んが、食品に混入すると異物となります。

【注意】
 汚水、排水口、浄化槽などから発生する場合があります。

【予防】
 台所や風呂場の排水口を定期的に清掃しましょう。 汚水がたまるところがないように注意。

参考になるホームページ
●名古屋市
 身の回りの『むし』たち
    -web昆虫図鑑
●川崎市
 くらしに身近な虫たち

東海コープ