おしらせ

2013.08.27

「コープの森づくり2013」 沖縄恩納村サンゴ植樹レポート

一覧へ

        「コープの森づくり 2013」 

      〜沖縄県恩納村を訪問し、植樹・交流活動をおこないました!〜



    
20137月24日〜26日(土)の3日間、
      東海コープグループの組合員と役職員が沖縄県恩納村を訪問し、
      植樹・交流活動をおこないました。

          
              サンゴの養殖施設にて。手前はサンゴの苗を育てる水槽
                                      サンゴの苗木が水槽の中ですくすくと育っています 
                                            

                                                 
                    東海コープグループ(コープぎふ・コープあいち・コープみえ・事業連合)では
               沖縄県にある恩納村漁業協同組合より、もずくを提供いただいております。

               恩納村漁協では、豊かな海の保全のため、サンゴの植え付けをおこなっております。
               サンゴ礁の再生は、もずく養殖をはじめ生態系の保全に重要な役割を果たしています。
                    
                    東海コープグループでは、恩納村漁協の取り組みに賛同し、
               沖縄の海を育てるためにサンゴの植え付けを2010年度からおこなっています。
       



 「植樹資金贈呈式」がおこなわれ、
3生協(コープぎふ、コープみえ、コープあいち)より
12年度分(
673,782円)の植樹資金の目録を
恩納村漁業協同組合に贈呈しました。
「コープの森づくり」対象商品のご購入一点につき1円をサンゴの苗木代と植樹したサンゴの管理費用に
活用させていただいています。

 

  ■恩納村漁業協同組合内のサンゴ養殖施設でサンゴの植樹をおこないました。
  サンゴの苗木を土台に針金で結び、水槽で育てます。
  サンゴの苗木が土台に定着するのを待ち、海へ返します。


    サンゴの苗木を水槽へ
 

  参加者の願いを土台に記入
  この苗木は「世界平和」です。

 <参加者の感想より>
〇一人でも多くの組合員のみなさんがもずくを利用し、この「サンゴの森」に還元ができるように、
  今後の組合員活動を取り組んでいきたいと思います。

〇「商品を利用することが活動に参加することなんだよ!」と
  組合員のみなさんに伝えていきたいと思います。

〇この活動を継続し、少しずつサンゴを育て、元のサンゴ礁へ戻ることを願います。

 


 

  2013724日、
   コープぎふ、コープあいち、コープみえ、東海コープ、
   恩納村漁協、恩納村、井ゲタ竹内により
   「コープの森 沖縄恩納村の里海づくり協議会」の
協定書調印式が執り行われました。
 
       
 
   人が自然にかかわることで、生物の生産性と多様性を高める「里海づくり」を通して、
   環境保全活動・循環型漁業(持続可能な水産業)を実現する活動を推進します。
   また、東海3生協の組合員と沖縄県恩納村地域の「つながり:人と人の交流」を、
   事業として広めていくことを目指していきます。
   「コープの森 沖縄恩納村の里海づくり協議会」の設立により、
   「コープの森づくり」は、組織間で連携し、
   
これまで以上に取り組みをすすめていくことができるようになりました。
   組合員のみなさん!! 
   より一層、商品の利用によるご協力をお願いします。

  
     「コープの森づくり」 商品を一部ご紹介!

        商品画像をクリックすると 商品情報がご覧いただけます!

        


      


前の記事へ

次の記事へ

関連ページ

生活協同組合連合会 東海コープ事業連合 名古屋市名東区猪高町上社字井堀25-1 TEL 052-703-1352

Copyright(c) TOKAI CO-OP All rights reserved.